過敏性腸症候群とは?

毎日つらい・・・過敏性腸症候群を本気で治したい!

 

いつもは大丈夫なのに、最近は下痢や便秘が続くということはありませんか?
それはもしかしたら「過敏性腸症候群」という病気にかかっているのかもしれません。

 

過敏性腸症候群とは、腸全体の機能が上手く働かずに体に異常をきたしてしまう病気です。日本人ではポピュラーな病気で、消化器科の受診に訪れる人のおおよそ半分がこの症状と判明されています。

 

 

血液検査、腸の検査では分かりにくい病気となっており、下腹部に違和感があり、下痢や便秘が続くような状態になるとこの病気である可能性が高いです。

 

若い世代から比較的高年齢の方まで、病気にかかる人の範囲は広いですが、特に20代〜40代が発症する確立が高く、患者の数も多い傾向がみられます。


男性と女性では、過敏性腸症候群の表れ方に違いがあり、女性は「便秘型」、男性は「下痢型」となっています。ずっと下痢や便秘が続くと体にも悪いですし、毎日快適に過ごせなくなってしまいます。

 

徐々に悪化していくと、頭痛・抑うつ・不安感でいっぱいになり、大きな病気に繋がるかもしれません。できるだけ早い対処が必要となります。


過敏性腸症候群の対策・治し方は?

過敏性腸症候群の治し方ですが、腸などの消化器系や腎臓などの泌尿器系などの器質的障害ではありませんので、保存的治療になります。

 

具体的には生活習慣で改善出来る面を改善したり、食事の内容を見直す食事療法、腸などの消化管の運動機能を調整する薬物療法が主な内容で、患者本人が生活を変えることで対策を打っていくのが中心となります。

 

乳酸菌や食物繊維を多く取る

過敏性腸症候群の方が、積極的に摂取することで改善に向かうとされているのは、乳酸菌を含む食品や食物繊維を多く含む食品です。これらは意識して摂取量を増やすことで、症状を改善出来る場合が多いとされています。

 

食生活を改善していく

例えば、夜遅い時間に大量に食べたり、脂肪分の多い食品や、刺激物などを極力減らすなどの対策が必要です。

 

もし、何か特定の食品によって症状が出やすことが分かっていれば、それを避けることで改善することは出来るでしょう。例えば、下痢型の人は炭酸飲料やアルコールを控えたり、香辛料などは使わないようにします。

 

生活習慣を改善していく

日常生活では、規則正しい時間に起床し、決まった時間に食事を取って排便も決まったリズムを定着させるように努力します。夜は完全にリラックス出来るような環境を作り、睡眠を十分取ることも必要です。

 

こころと身体のストレスケアが一番の対策となるでしょう。

 

自律神経の乱れが大きかったり、精神症状が強い場合には、デパスなどの抗うつ剤や抗不安薬を投与される場合もありますが、基本的には腸内の環境を整える薬と食事療法で治療を進めたいですね。

自分でできる対策のまとめ

過敏性腸症候群の患者が、乳酸菌食品を摂取することで症状が良くなるというのは、日本消化器病学会のサイトにも掲載されています。

 

乳酸菌と言えば腸内の善玉菌そのもの。乳酸菌を継続して摂取する事で善玉菌が優勢になることで腸内環境が整い、排便についても健康を保てることが分かっています。

 

  • 乳酸菌サプリメントを毎日継続して摂取する事
  • 生活習慣と食生活を少しずつでも改善していく事

 

ヨーグルトなどの乳製品を毎日食べるのはコスト的にもキツイのもありますし、サプリの場合は生きたまま腸まで乳酸菌が届くように胃酸で死滅しない加工がしてあるので、コストパフォーマンス的にも効果で見てもサプリメントで摂取するのが良いでしょう。


過敏性腸症候群を治す乳酸菌サプリはコレ!

生きたまま腸まで届く乳酸菌サプリだけ集めました。

乳酸菌だから副作用もなく妊娠中の方でも安心して使えます。

 

話題のラクトバチルス乳酸菌などを凝縮!

乳酸菌革命はビフィズス菌3種類に加えて、今話題の胃酸に強く死滅しないラクトバチルス乳酸菌を6種類も同時に取れる乳酸菌サプリメント。また乳酸菌のエサになるオリゴ糖や食物繊維であるデキストリンや酵母エキスまで入っているので効果も抜群です。

価格

単品62粒:2,880円(税込)
定期62粒:2,730円(税込)
(※1日あたりの価格⇒約92円)(1日2粒・カプセルタイプ)

乳酸菌・成分

ラクトバチルス アシドフィルス、ラクトバチルス ブルガリスク、ラクトバチルス ガッセリー、ラクトバチルス ブレビス、ラクトバチルス カゼイ、ビフィズス(3種類)、ラクトバチルス ヘルベティカス、オリゴ糖、デキストリン、酵母エキスなど

1兆個もの乳酸菌は業界でも圧倒的No.1!

乳酸菌EC-12は久光製薬が販売する乳酸菌サプリメント。1包で1兆個もの乳酸菌が含まれているのはこのサプリだけ(※他社では10億〜50億程度が多い)。カプセルや粒タイプが苦手な人でも飲める顆粒タイプなのも人気のポイント。乳酸菌のエサになるオリゴ糖もしっかりと配合して腸内環境を整えるのに最適。フェカリス菌は白血球を増やして免疫を上げる事が分かっている新型乳酸菌なので別の目的としても取っておきたい乳酸菌です。

価格

お試し30包:1,955円(税込)
単品61包:6,480円(税込)
定期61包:5,832円(税込)
(※1日あたりの価格⇒約65円)(1日1包・顆粒タイプ)

乳酸菌・成分

フェカリス菌、オリゴ糖など

あのカスピ海ヨーグルトの乳酸菌を凝縮したサプリ

善玉菌のチカラはあのカスピ海ヨーグルトの乳酸菌(クレモリス菌FC株)を1粒に20億個以上も凝縮したサプリメント。1粒たったの0.71kcalなのでヨーグルトを食べるより安心。クレモリス菌FC株は生きて腸まで届く強い乳酸菌なので、腸内環境を整えるにも最適。カルシウム(70mg)まで配合しているのが嬉しいポイントです。コスパもトップクラスに安いです。

価格

単品31粒:1,950円(税込)
定期31粒:1,175円(税込)
(※1日あたりの価格⇒約62円)(1日1粒・カプセルタイプ)

乳酸菌・成分

クレモリス菌FC株、カルシウムなど

8種類の乳酸菌がとれる粒タイプの乳酸菌サプリ

花菜の選べる乳酸菌は1日2粒の摂取で約3000〜5000億個の乳酸菌が取れるサプリメント。しかも植物性ラブレ菌やナノ型乳酸菌や有胞子乳酸菌など8種類もの選び抜かれた胃酸に強い乳酸菌が同時に取れるのが凄い所。どの乳酸菌をとれば良いのか分からない…という方にもオススメです

価格

単品60粒:6,000円(税込)
定期60粒:3,000円(税込)
(※1日あたりの価格⇒約200円)(1日2粒・粒タイプ)

乳酸菌・成分

植物性ナノ型乳酸菌、有胞子乳酸菌、植物性ラブレ菌、ビフィズス菌、フェカリス菌、ケフィア菌3種など

腸内で生き抜ける生きたままのラブレ菌サプリ

カゴメが販売する植物性乳酸菌ラブレは腸の中で生き抜く力がトップクラスに強い植物性乳酸菌(ラブレ菌)を配合したサプリメント。1日1粒で100億個以上ものラブレ菌が取れます。1日1カプセルだけ飲めばよいので手軽に続ける事ができます。

価格

単品30粒:4,628円(税込)
定期30粒:4,062円(税込)
(※1日あたりの価格⇒約154円)(1日1粒・カプセルタイプ)

乳酸菌・成分

植物性ラブレ菌

過敏性腸症候群には乳酸菌が効果あり!

乳酸菌は腸に良いということは良く聞きますが、どちらかと言うと便秘解消に良いものだというようなイメージがあるかもしれません。

 

でも乳酸菌のはたらきは腸内で善玉菌を増やすというものであって、
その結果もたらされるのは「正常な腸内環境」です。

 

 

つまり、便秘の解消だけでなく下痢の解消にも当然効果のあることで、過敏性腸症候群の人にとっては、便秘型でも下痢型でも交替型でも効果はあるということになります。

 

また、下痢が続くと腸内はどんどん悪玉菌優勢になり、通常持っている細菌などに対する抵抗力さえ低下してくるという良くない現象がおこります。これでは他の病気まで発症しかねませんね。

 

腸内を正常に保つには、食事でなんとかするしかありませんので、積極的に乳酸菌を摂る必要があります。あまり効果が出ないという人は、そもそものマイナスを補うだけで精一杯になっている可能性もあります。根気よくコツコツと腸内を耕していくしか改善の道はありません。

サプリメントでの摂取が最もオススメです

ただ、困ったことに下痢型の人には乳酸菌を含むヨーグルトなどの乳製品で腸が過敏に反応しやすい人もいます。食物で言えばぬか漬けなども乳製菌を多く含みますし、ヨーグルトでもサラダに使ったり料理に入れたりする方法もあるのですが、手早く摂取するにはやはりサプリメントが一番でしょう。

 

サプリメントで摂る場合は、一度に大量の摂取をするのではなく、体質を見ながら少しずつ試してみてください。自分に合う量がわかったら、最低でも1ヶ月は続けてくださいね。


過敏性腸症候群で悪玉菌が増える?

過敏性腸症候群は、自律神経のバランスが崩れた状態で起こると言われています。この自律神経と腸の関係というのはとても深く、そのために精神的なストレスが腸の動きを大きく左右する結果をもたらしています。

 

過敏性腸症候群ではない人でも、緊張すると下痢になったり便秘になったりしますよね。それだけストレスによる精神面や自律神経の乱れが大きな影響に。

 

旅行や出張などで慣れない環境で生活すると腸のはたらきがおかしくなったり、試験の前や面接の前などに極度に緊張するとお腹が痛くなったりするのも、ストレスによる自律神経の乱れから来ているのです。

 

自律神経は交感神経と副交感神経の2つをコントロールしながら正常な身体のリズムを作っていますが、この自律神経の切り替わりがおかしくなると、ずっと交感神経が優位になって腸がぜん動運動を続けてしまうことになります。

 

ストレスが引き金で交感神経優位となることはわかっていますが、その状態では腸内の消化液も分泌されにくくなりますので便秘になったり、過剰なぜん動運動で下痢になったりします。

 

乳酸菌が乳糖を作らなくなると、腸内は悪玉菌優勢の状態に傾いてしまいます。
つまり、過敏性腸症候群の腸内では、どんどん悪玉菌が増えてしまうわけですね。

乳酸菌の効果はとてもすごい!
  • バランスの崩れた腸内を善玉菌優勢の状態へ戻す作用(腸な環境を整える)
  • 自律神経の調整作用にも効果がある

 

まさに過敏性腸症候群を治すにもピッタリなのがこの乳酸菌です。ラットの実験などでは、乳酸菌を胃腸内へ投与すると自律神経の変化が起こって体内調節が起こることがわかっていますので、乳酸菌は過敏性腸症候群にはとても高い効果を期待出来るのです。

 

過敏性腸症候群や慢性下痢でつらい・・・という方は、
まず乳酸菌サプリメントを始めてみるのが改善への第一歩になるのは間違いないでしょう。