過敏性腸症候群の現れ方

過敏性腸症候群の表れ方は人によって様々です。女性と男性で分けると、女性は「便秘」から、男性は「下痢」からくるケースが多い傾向があります。下痢と便秘どちらとも症状が現れる方もいます。

 

また、腹痛や下腹部に違和感を感じる場合なども過敏性腸症候群の症状に入ります。
それでは、主な症状別に詳しくみていきましょう。

 

下痢の場合

下痢という形で現れる方は、男性の割合が大きいです。長く続いてしまうと腸への負担が大きくなり、必要な栄養を吸収できなくなってしまいます。食事をするとすぐに下痢として排出されるのです。

 

体調が崩しやすい時期、季節の変わり目などに発症する方が多く、下痢で体力が失われてしまいます。栄養が吸収されないと体力も戻らず、体調不良も改善されないので、下痢の場合はこまめな水分補給が大事です。下痢は水分が急速に失われてしまうので、お水または白湯(温めた水を常温に戻したもの)がお勧めです。

 

便秘の場合

女性に多い症状が便秘です。ほとんどの女性が便秘で悩まされているほど、やっかいなものです。ずっと体内に便が溜まってしまうと老廃物や毒素が排出できず、積み重なっていってしまいます。

 

体調不良だけでなく、お肌が荒れてしまったりと美容関連にも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

便秘の場合は、とにかく腸内環境を整えて、腸の働きを活性化させることが第一優先です。まだ軽度の便秘であれば、食物繊維が豊富な食べ物を選ぶなど、食事に気をつけると良いでしょう。

 

重度の便秘は、病院に行って医者から処方された薬を飲むことをお勧めします。

 

>>過敏性腸症候群を治したい時に飲むサプリ