過敏性腸症候群の治療方法

予防が間に合わず、すでに過敏性腸症候群と判断された場合、どのような治療を行っていけば良いのでしょうか。症状別によって適切な治療があります。

 

主に3つの治療方法がありますが、それぞれの特徴を踏まえながら説明していきましょう。

 

生活・食事改善による治療

もしかしたら日頃の生活に乱れがありませんか?
生活習慣を正しく改善するだけで過敏性腸症候群を治すことができます。

 

この治療は、まだ軽度の場合、もしくは中度の場合に可能です。昼夜逆転の生活をしていないか、睡眠は最低7時間とっているか、食事の栄養バランスは良いか…などなど改善することができる事はたくさんあります。

 

生活や食事の改善はお金をかけずに自分ですることが出来るので1番治療しやすい方法でしょう。

 

薬物療法

症状が重度の方は、病院に行って、お医者さんから処方された薬を飲む治療が良いでしょう。
薬は市販でも売られていますが、効果的で安心できるのは専門医が処方した薬です。

 

消化器科に行き、しっかり自分の症状をみてもらうようにしましょう。

 

薬物療法は効果的な治療方法ですが、薬の服用は正しく守って下さい。
また、生活・食事改善をしてきながら薬物療法を行っていくとより早く治ることができるでしょう。

 

心身医学的治療

過敏性腸症候群は、ストレスからくることもあります。最近ではストレスが原因で症状を起こす人が増えてきていますが、ストレスが原因の場合は、心身医学的治療がお勧めです。

 

心身医学的治療とは、身体とともに心のケアを行っていく療法であり、自律神経のコントロール、精神療法など種類があります。自分の心と向き合うことでストレスが軽減され、腸にかかる負担をなくそうという方針です。

 

>>過敏性腸症候群を治したい時に飲むサプリ