原因別の改善方法

下痢・便秘・下痢と便秘の交替型と様々な過敏性腸症候群の種類があります。
他にも心理的ストレスによる過敏性腸症候群も最近は多くなってきているのです。

 

原因を知ることで効果的な治療をしていくことができます。
それでは、原因別にみる改善方法を紹介していきましょう。

 

下痢や便秘

下痢や便秘が原因の過剰性腸症候群は、薬での処置が適切です。

 

まだ軽度の場合は食事や生活習慣の改善で治すことができますが、重度の場合は病院でもらう処方箋で治すことが1番です。下痢は下痢止めの薬を、便秘は腸の動きを活性化する専用の薬を飲むと良いでしょう。

 

交替型

下痢と便秘が交互にやってくるタイプの過敏性腸症候群は、それぞれの症状によって薬を飲まなければなりません。下痢の時は下痢用の薬を飲み、便秘の時は便秘用の薬と交互に飲むことをお勧めします。

 

しかし、交替型の場合は薬ではなかなか改善できないケースが多いです。生活や食事を改善しても一向に治らない場合は、病院に訪れて専門医から処方してもらった薬を飲みましょう。

 

心理的ストレス

ストレスによって過剰性腸症候群になるケースが増えてきていますが、心理的にくる場合は、いかに自分をリラックスさせるかによります。ストレスを無意識にためてしまっている方でも自然とリラックスできる時間や空間をつくってみて下さい。

 

趣味があれば仕事帰りや休日に行動し、読書やバスタイムなどリラックス方法はたくさんあります。
アロマオイルの匂いでリラックスするのも効果的です。

 

>>過敏性腸症候群を治したい時に飲むサプリ