過敏性腸症候群と漢方

過敏性腸症候群を漢方で治療する方法もあります。過敏性腸症候群は病気の原因がとても複雑で、何か1つの症状に対して対処してもなかなか治らないことが多いために、漢方でもさまざまな薬を組み合わせてその人に合うような処方をすることになります。

 

お腹が張って痛む人や、排便してもスッキリしないという人で、精神的なストレスが強い人は逍遥散(しょうようさん)が処方されることがあります。中でも下痢が強い人は、それにプラスして六君子湯(りっくんしとう)という漢方が処方されることもあります。

 

また、イライラしたり、顔に血が上ってくるような症状がある人は、加味逍遥散(かみしょうようさん)が組み合わせられることもあります。胃腸が弱くて身体が疲れやすい人に多く見られる症状です。

 

また、お腹がしくしく痛む人で、ガスが溜まりやすく肉体疲労を伴う人は、桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)が処方されます。食欲にムラが出たり、元気がない場合には小建中湯(しょうけんちゅうとう)がプラスされたり、便秘が強く出ている人には、桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)という漢方が処方されます。

 

稀に、下半身が冷えを感じたり、足腰がだるく耳鳴りがするような症状を訴える人がいますが、その場合は真武湯(しんぶとう)人参湯(にんじんとう)が処方されます。このタイプは風邪をひきやすくなっているので、手足を温めたり、身体が冷えないように気をつける必要があります。

 

漢方は組み合わせが一人ひとり違うので、専門の薬局へ行くと良いでしょう。

 

>>過敏性腸症候群を治したい時に飲むサプリ